女性の私が働くことで得たキャリア

私が短大時代に経験したアルバイトとは?

短大時代に経験したアルバイトは、飲食店と洋服店でのアルバイトがメインでした。
短大の頃は学校での勉強を中心とした生活をおくっていましたが、週末はアルバイトをしていました。

 

飲食店でのアルバイトの内容は、「シュラスコ料理」の接客のお仕事でした。
シュラスコ料理というと「ブラジル料理」を連想される方も多いのですが、ビュッフェ形式で楽しめます。
グリラーで焼けたお肉をお客様の席まで行って、お肉を切ったりビールをジョッキに入れて、配膳するお仕事でした。

 

短大生活で一番最初に経験したアルバイトでしたが、とても充実した数ヶ月間でした。
ここでのアルバイトは約4ヶ月間続きましたが、通勤距離が遠いため辞めてしまったのです。

 

高校時代に浪人時代に未経験だった接客も、こうした飲食店でのお仕事で慣れたのです。
それから私は、輸入菓子の「マネキンスタッフ」として、お菓子をPRするお仕事もしました。
内容は「プリングルス」のポテトチップスや、チョコレートをお客様に試食して貰うお仕事です。
ポテトチップスやチョコレートの試食をして頂くことにより、商品は結構売れました。

 

他には都心のビルの駐車場のアルバイトや、某洋服屋さんでの接客のお仕事などもしていました。
「ラフォーレ原宿」の駐車場のお仕事で、駐車代の会計や店舗内の放送のお仕事です。

 

場所が場所なだけに芸能人に会えたり、色んな方から道を聞かれたり、いい勉強になることも大変多かったです。
洋服屋さんでのお仕事は洋服を綺麗に整えたり、お客様をフィッティングルームへ案内するお仕事です。
短大での二年間の生活はあっという間でしたが、勉強とアルバイトの両立はとても楽しかったです。